ログイン
  • やりがい5件
  • 苦労4件
  • 未経験者へのおすすめ本4件
  • この職業のプロになるには5件
  • 志望動機0件
  • 向いている人・向いていない人0件
  • 副業・兼業0件
  • この職業を一言で表すと?5件

法人営業(インサイドセールス)の経験談この職業のプロになるには

同業の先輩や同僚にアドバイスされたことで、最も仕事上の教訓になったことは何ですか?

  • 檜山 有希子
    現職者檜山 有希子
    経験: 4年
    株式会社FORCAS

    ビジネスの司令塔となる

    インサイドセールスは、マーケティング、セールスの橋渡しとなる職業であり、どこからリードをもらうのか、どこへパスをするのかを考える司令塔的存在

    サッカーでいうところのミッドフィルダーなので、今後のビジネスにおいて重要ポジションである


  • Tomita Kanako
    現職者Tomita Kanako
    経験: 3年
    株式会社ニューズピックス

    10分で顧客の心を掴む/顧客以上に視座を高く持つ

    電話でのコミュニケーションだとだいたい10分程度の会話になる。その中で顧客の現状/課題/目指す姿などを引き出し最適なソリューションを提供し、商談の期待値を上げなければいけない。

    また、顧客自身の潜在課題を引き出したり、顧客が想定しているソリューションが本当に課題解決に適しているのかを瞬時に判断したりと、短い会話の中で求められる能力は多い。スクリプト通りに話すのではなく、顧客の期待をいかに超えられるかを考えることが必要である。

    顧客と会話...

    する上で、「商談獲得できるかどうか」「受注に至るかどうか」「自社サービスが使いこなされているかどうか」「顧客の事業成長に繋がるか」「業界が成長するか」どのレベルを見据えているかによって、提案内容が全く変わってくる。顧客以上に視座を高く持ち、顧客の期待を超えることがインサイドセールスには求められている。 商談獲得をミッションにしているのであれば日に50件程度、オンラインセールスをミッションにしているのであれば日に6件程度、顧客に対してアクションを起こすことが可能。そのため高速でPDCAを回すことができる。未経験でも結果を出せるまでの時間が比較的短いのもインサイドセールスの特徴である。そのためインサイドセールスはフィールドセールス等の他職種にいくためのステップだと捉えられがちだが、腰掛感覚でインサイドセールスをやるのではなく、ぜひインサイドセールスに真剣に向き合ってほしい。


  • 鈴木 智志
    経験者鈴木 智志
    経験: 14年
    千葉経済大学

    給料は安いけど、志は高い仕事。

     新人の時、研修でお世話になった先輩から言われた一言があります。


    「この仕事は、給料は安いけど、志は高い仕事」


     志が高く保てる理由は、研究者の支えになれることだと。

     研究が国を良くする、それの一助になれることは素晴らしいんだと。

     …給料は安いけどな笑


    …と教えられました。


     よくよく考...

    残り126文字(全文276文字)

    会員登録して毎月30件の経験談を読む

    1分で完了無料会員登録
    ログインはこちら

  • 林 暁ブン
    現職者林 暁ブン
    経験: 2年
    合同会社DMM.com

    仕事を一人で抱え込み過ぎず、先輩や上司に助けを発信することです。

    周りに迷惑かけたくと思い、一人で抜け出せない時、敢えて仕事の効率を悪くにしました。結局思った以上に迷惑を掛けました。自分にも周りにもマイナスの連鎖となりました。周りと協力しあったことで、モチベーションと効率の向上につながることは、今すごく思います。


  • 新垣 圭悟
    経験者新垣 圭悟
    経験: 1年
    株式会社アトラエ

    営業は提案する/話す仕事ではない。大事なのは傾聴力と提案力。

    営業ときくと、学生時代の僕がまず思い浮かべていたのが


    ●コミュニケーション力めちゃくちゃ必要そう

    ●そんなに話すの上手じゃないから大変そう



    そんなことを考えていましたが、実態は違いました。

    まず顧客の課題を捉えること。そのためには声を聴くことが大事になってきます。話す能力よりも聴く能力。課題を...

    残り179文字(全文329文字)

    会員登録して毎月30件の経験談を読む

    1分で完了無料会員登録
    ログインはこちら