ログイン

法人営業(フィールドセールス)の経験談を読む
『やりがい』

法人営業(フィールドセールス)やりがい

仕事の中で、最も楽しいと感じる瞬間はどんな時ですか?

  • 榊原 洋平
    現職者榊原 洋平
    経験: 6年
    株式会社ニューズピックス

    自身の経験が価値になった瞬間・顧客と心が近づいた瞬間

    営業の仕事は端的にいうと売り上げを最大化させる仕事ですが、そのためにしていることは、顧客と自社の関係性の価値を最大化させることであると思っています。顧客にとって自社を、自社にとって顧客を最大限魅力的な相手であり、そこで生まれる価値が最大化するように努めていくことで、売り上げは最大化されていきます。

    そのためには、まず誰よりも自社のサービス価値を深く学び、顧客に伝えていく必要があります。それは単純に機能や価格に精通しているということではな...


  • 鳴海 里絵子
    現職者鳴海 里絵子
    経験: 7年
    株式会社ニューズピックス

    自分が提案した広告がユーザーを動かし、クライアントに貢献できた時

    なんと言ってもクライアントから喜んでいただけた時。特にクライアントが過去やったことがない新しい広告施策に挑戦する時などは、二人三脚で様々なネックを解消しながら進めます。そうして世に出た広告がユーザーの心に届き、クライアントの商品やサービスを好きになってくれたり、購買行動に繋がった時、やっていてよかったなぁと思えます。

    ただこれは簡単なことではなく、ここ数年広告の役割と責任は大きく、複雑になってきています。嫌われる鬱陶しい広告、炎上する広...


  • 遠山 尚紀
    現職者遠山 尚紀
    経験: 10年
    株式会社 カネカ

    顧客が「お客様」ではなく「パートナー」になる瞬間のワクワク感

    「営業」とひとくちに言っても色々な形があるとは思います。

    私自身も、BtoB商材(住宅・化学素材・食品)とBtoC商材と4分野を

    経験しましたが、共通して達成感があった瞬間はやはり「提案が通った瞬間」です。


    一般的に「営業」というと、汗水流して顧客に頭を下げて接待して…のような

    イメージがあるかと思いますが、現在はそういった昭和な営業スタイルは

    ほとんどなくなっているのではないでしょうか。


    私は化学(素材)メーカー所属なので、顧客の...


  • 岡元 小夜
    現職者岡元 小夜
    経験: 8年
    ニューズピックス

    読者の人生や社会を変える実感


    私は新卒で広告営業を経験し、その後ビジネス系の出版社で4年間、現在はNewsPicksパブリッシングで『書店営業』をしています。


    『書店営業』は一般的な『フィールドセールス(法人営業)』とは少し業務内容が異なります。お客様の課題を解決できるよう、提案・受注し、売上を最大化することだけが目的ではなく、読者と本の出会いを広げることが主な仕事です。そのためにはどんな読者にどういうルートで届けることが最善なのか、仮説をたてることから始まりま...


  • taguchi shingo
    経験者taguchi shingo
    経験: 6年
    株式会社FORCAS

    世の中にまだ無い新しい価値を創造する

    スタートアップのような世の中にまだない新しいサービスに対して、顧客が価値を感じて、お金を払ってくれる、という意思決定するのは相当難易度が高いです。だからこそ、やりがいがあるとも言えると思います。


    そのためには顧客の真の課題を聞いて、それに対して自社のサービスが具体的にこういうようなベネフィットを提供できるんですよ、という提案が受け入れられなければなりません。


    そのために一生懸命に顧客のことを調べ、聞いて、自分なりの自社サービスを使っ...


  • 王子田 克樹
    経験者王子田 克樹
    経験: 10年
    株式会社 ニューズピックス

    面倒な個性をまとめて目標のジレンマを超えてゆく

    営業の現場ではなく、法人営業チームを管掌してきた本部長という立場から書かせてもらいます。


    営業に関わらずチームには色々な個性が集まります。しかし、職種によって一定の傾向があるでしょう。法人営業にはハンター(狩猟系)とファーマー(農夫系)がいて、前者は新規営業向きで、後者は既存顧客営業向きだと言われます。ハンターとファーマーのDNAは全く違います。しかし、目標達成に向けた意識が強いという共通点はあります。この強さは個性の強さになります。...


  • Shuhei Nishimura
    現職者Shuhei Nishimura
    経験: 6年
    株式会社ニューズピックス

    最先端の企業のビジネスの「ストーリー」に触れられること

    【NewsPicksブランドデザイン_セールスとして】ニューズピックスという、ビジネスメディアでの広告営業のため、顧客のニーズは「意識の高いビジネスパーソンへ自社の価値を知ってもらいたい」というオーダーを頂くケースが多いです。その際に、顧客のビジネスの背景を知り、強豪との差別化を知り、そして受注し取材の際には、社長などのビジョンを含めた戦略やトライアンドエラーなど、ビジネス書(過去を体系化した知識)では学び得ない、「今」と「未来」の先端...


  • 杉浦 佳浩
    経験者杉浦 佳浩
    経験: 4年
    代表世話人株式会社(世話人業)

    全ての経験に無駄なし。キーエンス&証券会社に感謝!

    社会人スタートで証券会社、令和の時代では考えられない厳しい営業の世界を体験できたことがよかった(まさに昭和!)。名刺100枚無くなるまで帰ってくんな!は優しい方でした。厳しいながらも愛情ある上司に恵まれ、毎日旅しているように仕事ができるようになれました。もちろん成果もやる気も付いてくるし。。。

    東証2部だったキーエンスに入社、証券会社からはどこでも行けると当時リクルート社の方に言われ、一番難しいところは?その回答がキーエンスでした。採用...


  • Ito Ryuichi
    現職者Ito Ryuichi
    経験: 10年
    株式会社ユーザベース

    潜在意識を具現化し、ライフワークを見つけよ!実現できる機会を作り出し、勝負せよ!

    仕事は全て守破離である。郷に入っては郷に従えというが、まずは自分が選んだ場・役割に責任を持ち、そこでのやり方に習い、成果にコミットし、信頼残高を最大化させることが出発点。そこまで進めば、あとは如何に自分の意志・色を積極的に出し、チャレンジできる環境を自ら作り出し、そこで自らを最大限飛躍させられるか!?がキャリアの勝負である。これを30代前半までに3回程度は実現し、修羅場を含めた圧倒的な成長機会を作ることで、30代後半以降に「キャリアの貯...


  • 渥美 奈津子
    現職者渥美 奈津子
    経験: 4年
    株式会社ニューズピックス

    「ありがとう」と言われたり私が提案したことがクライアントの事業の成長に繋がること

    営業という仕事は、自分が提案したことがクライアントの抱える課題にしっかりマッチして、それによってクライアントの事業が成長したり、何か喜んでもらえることになったときに非常に喜びを感じます。クライアントに、「お疲れさまです」と自社の人と同じ感覚で挨拶をしてもらえるくらい入り込んで、クライアントですら気づいていなかった潜在的な課題に気付けたとき、そしてその提案によってクライアント側に変化が生まれたときに本当に嬉しく、面白いなと感じられます。


  • 古川 満
    経験者古川 満
    経験: 17年
    株式会社アイリックコーポレーション

    保険代理店を担当していたので、法人営業でかつ間接営業という、自らが直接お客様に販売するわけではなく、代理店にいかに販売量を増やしてもらうかという業務です。単に、当社の商品を売ってくださいでは売ってもらえません。やはりそこにはストーリーが大事です。代理店の社長の性格、抱えているお客様、取引先の情報を把握し、手持ちの武器とどのリソースを組み合わせた戦略が活きるか。その戦略がどハマりして、大きな営業数字が出て、代理店から感謝された時は最高に気...


  • Okuno Yosuke
    現職者Okuno Yosuke
    経験: 1年未満
    株式会社ニューズピックス

    クライアントの課題、成功と自社の可能性を同時に探索し続けられること

    「面白み」の定義は人それぞれと思いますが、私はクライアントの課題に対する解決方法や、自社の可能性に対して、「これが解なのではないか」と気づき、それを提案書に表現し、クライアントや同僚と会話することで、その解に対する考察を得、課題解決にどんどん近づいていく時間がとても面白いと思います。もちろん自社の成長は考えていて楽しいことではある一方、やはり外部から見た時にどうなのかと言うのは、自分たちだけでは成り立たないとてもありがたい視点ですし、そ...


  • 佐久間 亮輔
    現職者佐久間 亮輔
    経験: 4年
    株式会社ニューズピックス

    顧客課題の小さな解消を繰り返し

    “顧客と並走し続ける=マネタイズ”


    私の場合、顧客との関係は中期&長期のお付き合いとなります。前職・プレジデント社の頃からのお客様も多数。10数年来続いている顧客も多いです。


    全ての顧客は自社or自分にメリットがない外部パートナーとの付き合いは希薄になります。

    (いきなり電話がかかってきて「これ買って」と言われても買わないよね?)


    【そこで関係構築のステップ】

    ①先方の課題(私の場合、先方は宣伝部や広報部が担当部署)を引き出せる関...


  • 山下 航希
    現職者山下 航希
    経験: 1年
    株式会社リスペクト

    顧客課題の構造化と対応する戦略のプランニング

    複雑な顧客の事業課題を一つずつ紐解き、多岐にわたるデジタルマーケティングの施策を実行プランとしてまとめ顧客に提案し、両者合意の上で実行フェーズに結びつけられた瞬間はセールスとしてのやりがい、醍醐味を感じます。


    特に昨今はマーケティング施策に関連する情報が氾濫していることもあり、顧客が感じている課題や実行したい施策が表層的なものにとどまってしまっていることが多くあります。まずはMAやってみたい、兎にも角にも検索順位をあげたい、大量のリー...


職業Top に戻る