ログイン

COO(最高執行責任者)の経験談を読む
『先輩のアドバイス』

COO(最高執行責任者)先輩のアドバイス

同業の先輩や同僚にアドバイスされたことで、最も仕事上の教訓になったことは何ですか?

  • 山中 祐輝
    経験者山中 祐輝
    経験: 3年
    株式会社ユーザベース

    明確な領域がないからこそ、WILLや勝負したい領域を明確にする

    COOは名前の通り、CFOやCHRO、CROなどと異なり、特定の管掌領域を持たない曖昧な経営ポジションだと思っています。

    そうであるが故、経営チームのバランサー的な役割を求められたり、実際にそのように広い守備範囲の中でコミットしているケースが多いと思います。


    一方で、役割が多岐に渡ったり曖昧になりがちだからこそ、COOは明確にコミットメント領域を決めて、それを内外に打ち出していくこと、その領域を「自分から」選んでいくことが非常に重要で...


  • 河村 晃平
    現職者河村 晃平
    経験: 1年
    株式会社クラダシ

    習うより慣れろ

    学生時代までは、Inputが主であったが、サービスの提供者になることは、Outputがより一層重要になる。

    何事も自分で学び、発信していく必要があるということを徹底的に教え込まれました。

    OJT等で人に聞くことよりも、自分自身が取組みアクション、行動をとることにより得ることの多さを実感できた。(Outputするためには相当数のInputが必要になる)


  • 日高 達生
    経験者日高 達生
    経験: 5年
    楽天株式会社

    自己定義を「ソリューションの営業」では無く「課題解決」に置くこと。より本質的な課題に立ち返り真正面から向き合うことで、目の前のクライアントよりも高い視座で課題を捉え包括的なソリューションを導くことができました。これは結果的に、競合とは異なるスコープや土俵で勝負するに繋がりました。


  • 坂本 大典
    現職者坂本 大典
    経験: 1年
    株式会社ニューズピックス

    メンバーの気持ちを考えすぎないこと

    これは一緒に経営しているユーザベース の創業社長の梅田さんから言われたアドバイスになります。


    COOというポジションは事業の最前線で実績をあげ、周りからの一定の信頼を集めた状態で就任することも多いと思います。

    ただそういうバックグラウンドがある人ほど、それまでの強みが現場力であることが往々にしてあります。


    但し、経営全体を管轄する中では、現場のメンバーにとっては不合理でも経営にとって重要な意思決定が存在します。

    その時に現場力のある...


  • 古川 浩司
    経験者古川 浩司
    経験: 3年
    株式会社ニューズピックス

    買えるなら借金してでも生株を持ったほうがいい

    私はまだ社員10名未満のアーリーステージに入る手前くらいのスタートアップにCOOとしてジョインしましたが、別の会社で同じような規模から大企業の資本業務提携や事業責任者等を担当していたCOOの知人からアドバイスされたことが上記の言葉です。


    彼の意図としては、経営執行の立場としての役割以外に、株主となることでより真剣味が増し、実行者とは別の観点で、より冷静に俯瞰的に組織やビジネスモデルをみる視点・感覚がつくということでした。


    結果として...


  • 唐澤 俊輔
    現職者唐澤 俊輔
    経験: 1年
    Almoha LLC

    ドアはいつでも空けておく

    日本マクドナルドに新卒で入社して一年くらい経った頃に、当時CMOだったサラ(サラ・カサノバ氏・現会長)からもらった言葉です。


    当時、初めてメインとして担当する期間限定商品「たまごダブルマック」のプロモーション企画を進めていました。この商品は、前年にも同じ商品を販売した実績のある商品でした。


    私は、商品のポジショニングを見直し、前年とは違ったコンセプトで販売するマーケティング戦略を立案し、検討を進めていました。しかし、上司からの指示は...


  • 井上 皓史
    現職者井上 皓史
    経験: 2年
    株式会社MorningLabo

    正解は自分で作っていくもの。これまで会社員をしている時は、誰かのレールの上で結果を出すことにコミットをしていたが、COOはレールを作るところからがスタート。自分で事業のゴールを決め、KPIを決め、毎月自分で決めたことをやりきる。自由に思われがちだが、自由の裏側には「責任」が付いてくる。これまでは、営業成績が達成できなかったときは、言い訳が沢山できた。上司が決めたKPIが悪い。サービスが悪い。時期が悪い。などなど。今は誰も責めることはでき...


  • 稲垣 裕介
    現職者稲垣 裕介
    経験: 5年
    株式会社ユーザベース

    CEOを孤独にさせない

    COOというのはナンバー2、CEOが考えたことを実行するというイメージがある。結果として多くのCOOが、Vision形成&意思決定はCEO⇒その後の実行がCOOになりやすい。ただこれだといつまでたってもCEOの領域には入れないし、CEOと能力の差が付いていき、CEOを孤独にさせていく。Vision形成&意思決定という領域は非常に特殊な領域で、やらなければ絶対にできないし、自分で意思決定して自分で実行していくことが人の成長を最大化させる。...


  • Mizuno Tomo
    現職者Mizuno Tomo
    経験: 2年
    株式会社UPSIDER

    挑戦し続け結果を出す

    経営者の存在価値は結果を出すことなので、アドバイスというより事業に向かう姿勢を見せていただいていることが、一番の教訓です。スタートアップを経営していれば、良いときも悪いときもジェットコースターのようにやってきます。僕がお世話になり尊敬している先輩経営者の皆様は、事業のピボット、取引先からの売掛金回収失敗、減っていく銀行残高、競合の参入、チームの崩壊、いわれの無い嘲笑など、表では言わないだけで多くのハードシングスを超えてきています。それで...


  • 田中 英地
    現職者田中 英地
    経験: 1年
    株式会社Leaner Technologies

    ”今が一番暇だと思って、何事にも取り組んだ方がよい”

    これは、創業メンバー兼アドバイザーである成田さん(クラウドワークスCOO)から貰った言葉で、印象に残っています。

    スタートアップでは、課題は多い一方、リソース(ヒト・モノ・カネ)は有限です。なので、何か新しいことをやる場合、あらゆる局面で、トレードオフが発生します。加えて、、事業・会社は非連続的に成長を重ねていくため、より”忙しく”、このトレードオフより顕著になっていきます。なので、現状の”忙しさ”、”難しさ”を理由に後回しにしていては...


職業Top に戻る