ログイン
  • やりがい24件
  • 苦労21件
  • 未経験者へのおすすめ本20件
  • この職業のプロになるには20件
  • 志望動機3件
  • 向いている人・向いていない人2件
  • 副業・兼業1件
  • この職業を一言で表すと?24件

人事の経験談向いている人・向いていない人

この仕事に向いている人、向いていない人の資質とは何だと思いますか?

  • 林 由里恵
    現職者林 由里恵
    経験: 2年
    ユナイテッド株式会社

    必要なのは、常に「何をすべき」か考え続ける思考体力

    人事の仕事(特に採用や組織課題解決 など)は、決められた仕事をこなすというよりは、やるべき仕事を自分から見出してこなしていくことが求められます。


    今、組織がどんな状況で何をすべきか、と常に考え続ける思考体力が必要です。

    それを担保する「データを正しく見る力」「俯瞰して考える力」も培う必要があると思います。


    また、人事は他社のノウハウやケースなどトレンドを積極的に習得していくことも求められます。

    そうした他社の事例は幸いにも検索すると...

    豊富に存在しています。 実際に、すぐに飛びつきたくなるような魅力的な事例を目にすることは沢山あります。 一方で、他社の事例は集めてすぐに取り入れるのではなく、本質的にやるべきかを見極めて取り入れることが大事です。 組織の性質や現在の状況、解決したい課題がないと、施策はねらい通りに動かないからです。 だからこそ、目的と手段において、その目的をしっかりと描くスキルは重要です。


  • 柏山 奈央
    現職者柏山 奈央
    経験: 5年
    ユナイテッド株式会社

    単純に”人”が好きなことは重要

    ▼向いている人

    ・自責自走できる人(人事に限った話ではないですが)

     ‐ 様々な事象に対して自分なりに考え実行し、必要に応じて柔軟に意思決定し変えていくリーダーシップを持つことは根っこの部分で大事だと思います。


    ・単純に”人”が好きな人

     ‐ 組織/人と向き合うことが多いため、相手が何を考え言わんとするかを察し、行動できる人の方が仕事がしやすいと感じます。


    ・正解がないことに対して胆力を持って取り組める人

     ‐ こちらも人事に限った...

    話ではないですが、個々の社員へのコミュニケーション/アプローチ方法、新しい施策の検討においては正解を誰も持ち合わせているわけではないため、自分なりに軸や根拠を持って対応していくマインドが重要だと思います。 ▼向いていない人 ・承認欲求が高い人  ‐ 事業部と異なり目に見える数値目標等がないことが多いため、明確な成果を感じにくいです。また、細かな作業や社員へのアナウンスや施策等の説明を行う機会が多く、小さなことまでフィードバックを受けることが多いように思います。そのため、目立ちたい/褒められない欲が強い人はあまり向いていないように感じます。 ・柔軟な意思決定や対応が苦手な人  ‐ 正解がないことを決めて進めていくため、適宜、方針/オペレーション変更が発生します。そのような環境がストレスに感じる人は厳しいと思います。


職業Top に戻る