ログイン

看護師の経験談やりがい

仕事の中で、最も楽しいと感じる瞬間はどんな時ですか?

  • 佐藤 南帆
    経験者佐藤 南帆
    経験: 2年
    合同会社AasanteSana・RAHA KENYA

    人生に寄り添える仕事

    様々なバッググラウンドを持つ患者さんと”看護師”という役職を通じて関われることが私にとってのやりがいでした。


    私が勤めていた病院は東京都・新宿区にあるため、土地柄も関係し、様々なバッググラウンドを持つ患者さんが多く運ばれてきます。また国際医療にも力を入れている病院なので外国人の受け入れ体制も整っています。


    身分がわからないホームレスの方や、日本に旅行している最中に病気になってしまった旅行客、日本に勉強にきている留学生など...普段生...

    活していては出会うことがないような方々が、人生で辛い体験をしている時に、近くで寄り添い、支えることができる仕事でした。 患者さんへの医療ケアやリハビリの最中に、今までの人生や人生観、物事を考えるときの価値観など、たくさんのお話しをし、信頼関係を築き、回復に向かって一緒に戦うことに充実感を感じしていました。


  • Wakayama Yumi
    現職者Wakayama Yumi
    経験: 7年
    訪問看護ステーションとも

    出迎えてもらえる喜び

    現在私は訪問看護師をしています。


    文字通り、利用者さんのお宅に出向いて行き訪問をする看護師です。

    仕事の中でもっとも喜びに近い感覚を持つのは、毎回の訪問時に利用者が出迎えてくれる瞬間です。


    出迎えられるということは、前回から今回までの訪問の間に命に関わる異常がなかったことの証拠であり、「無事に生きていてくれた」ということに安堵するからです。

    また家にあげてもらえるだけの信頼関係ができている証拠でもあります。

    そして、出迎えてもらった...

    瞬間から、利用者さんの小さな変化も見逃さない様に観察が始まり、また次回訪問時に無事に顔を合わせることができるように、必要な処置をしていきます。 この繰り返しが医療の支援が必要でありながらも、家で生活している人の支えに私自身がなっているということなのだと思っています。


  • 山本 大貴
    現職者山本 大貴
    経験: 8年
    社会医療法人弘道会 なにわ生野病院

    患者対応 教育

    自分は看護師になってから、集中治療分野で重症患者のケアを行うことを主...

    残り728文字(全文762文字)

    会員登録して毎月30件の経験談を読む

    1分で完了無料会員登録
    NewsPicksをご利用中の方はこちら

職業Top に戻る