ログイン
  • やりがい2件
  • 苦労1件
  • 未経験者へのおすすめ本1件
  • この職業のプロになるには1件
  • 志望動機2件
  • 向いている人・向いていない人1件
  • 副業・兼業0件
  • この職業を一言で表すと?2件

看護師の経験談志望動機

この仕事を目指した理由や目的は何でしたか?

  • 佐藤 南帆
    経験者佐藤 南帆
    経験: 2年
    合同会社AasanteSana・RAHA KENYA

    祖父母の介護体験を通じて医療ケアの重要性・必要性を痛感

    看護師を目指した背景には、私の生い立ちが関係しています。


    両親が共働きをしていて、私はいわゆる“鍵っ子”でした。そのため、学校が終わると祖父母の家に遊びに行っていました。


    しかし、祖父母の体調が少しずつ悪くなり、ホームヘルパーさんが自宅に訪問するようになりました。


    ヘルパーさんは家事や買い物のお手伝いもしてくれます。すると、祖父母がとてもうれしそうにするのです。その光景を見て、介護士を目指すことにしました。


    高校生になり、就職前...

    に詳しく介護士の仕事を知ろうと、介護施設のボランティアに参加していました。 高齢者の方は、体調が急変することがよくあります。 しかし、介護士は医療の知識を持たない人が多いので、有事の際に対処できないことが少なからずありました。 そこで、介護士ではなく、看護師を目指そうと決めました。


  • 山本 大貴
    現職者山本 大貴
    経験: 9年
    社会医療法人弘道会 なにわ生野病院

    はじめは漠然と。

    僕の場合、はじめはなんとなく、医療職に就きたいなぁと。本当になんとなく思っていました。

    元より医師になろうと思った事はなく、リハビリか、薬剤師か、看護師か。ぐらいの考えでいて、高校2年の頃、進路を絞っていく段階になり、どの職種がいいのかなぁ?と考えるようになりました。

    結局至った考えは、どうせなら入院患者とより密接に関われる職種がいいと考えて、看護師になることを目指すこととしました。


    看護師になってから、またまた進路を決めなければいけ...

    なくて、自分はどの領域に携わりたいのだろう?ということでした。 領域の選択に関しては、看護学生時代の講義の中で決めている部分がありました。 災害看護の講義に魅力を感じていたので、将来は災害時に救助チームとして動くDMATに入ったりしたい!と考えるようになっていたので、救命救急センターを志望することにしました。 あと、なにより、救命救急センターってカッコいい!って思ってました(笑) そこでの経験を経て、現在では集中治療室での、生命の危機的状況にある入院患者に密に関わり、身体所見や検査データなどを読み解きながら、少しでも対象となる人に良いことを選択していくという、地味だけどその人にとってはとても大切なことを考えて関わっていくことにやりがいを感じるようになりました。 はじめはなんとなく、次もなんとなく、なんとなくというか、直感で選んできた進路が今や形になってきているので、選んだことの中でどれだけのことを成せるか。ということが大切なのかな。と考えるようになってきています。


職業Top に戻る