NewsPicks(株式会社ニューズピックス)
法人営業の経験談
やりがい

仕事の中で、最も楽しいと感じる瞬間はどんな時ですか?

  • 榊原 洋平
    現職者榊原 洋平
    経験: 10年
    株式会社ニューズピックス現在

    自身の経験が価値になった瞬間・顧客と心が近づいた瞬間

    営業の仕事は端的にいうと売り上げを最大化させる仕事ですが、そのためにしていることは、顧客と自社の関係性の価値を最大化させることであると思っています。顧客にとって自社を、自社にとって顧客を最大限魅力的な相手であり、そこで生まれる価値が最大化するように努めていくことで、売り上げは最大化されていきます。

    そのためには、まず誰よりも自社のサービス価値を深く学び、顧客に伝えていく必要があります。それは単純に機能や価格に精通しているということではな...

    く、このサービスが何をもたらし、どんな可能性を持っているかということを、理解しているという状態を目指す必要があります。そのため、学んだ方が良いことは、幅広い領域に及ぶことが大半だと思います。その学んだ経験・知見を、顧客とのコミュニケーションの中でうまく伝えることができ、「それ、面白いね!」「なるほど、そういう考え方もあるのか」と価値になった瞬間は、顧客と心が近づいた感覚があり、とても楽しいと感じます。この繰り返しによって、顧客から信頼を得て、売り上げにつながり、最終的に自社のサービスを通して、価値が提供できていると感じる瞬間の幸福感は、最初の接点から関われる営業にしか味わえない感覚ではないかと思います。


  • 鳴海 里絵子
    現職者鳴海 里絵子
    経験: 11年
    株式会社ニューズピックス現在

    自分が提案した広告がユーザーを動かし、クライアントに貢献できた時

    なんと言ってもクライアントから喜んでいただけた時。特にクライアントが過去やったことがない新しい広告施策に挑戦する時などは、二人三脚で様々なネックを解消しながら進めます。そうして世に出た広告がユーザーの心に届き、クライアントの商品やサービスを好きになってくれたり、購買行動に繋がった時、やっていてよかったなぁと思えます。

    ただこれは簡単なことではなく、ここ数年広告の役割と責任は大きく、複雑になってきています。嫌われる鬱陶しい広告、炎上する広...

    告が時々話題になりますね。ユーザーはこれまで以上にシビアに広告の良し悪しを評価しそれを言葉にするようになりました。よりソーシャルグッドな広告を追求していくことが、この仕事の奥深いところだと思います。


  • Shimada Mariko
    現職者Shimada Mariko
    経験: 9年
    株式会社ニューズピックス現在

    新しい未来を創るためクライアントと伴走しているとき、クライアントや社会に価値提供できた瞬間

    法人営業の提案活動とは、自社の商材を使った先のワクワクする未来をクラ...

    残り345文字(全文379文字)

    会員登録して毎月30件の経験談を読む


  • 渥美 奈津子
    現職者渥美 奈津子
    経験: 7年
    株式会社ニューズピックス現在

    「ありがとう」と言われたり私が提案したことがクライアントの事業の成長に繋がること

    営業という仕事は、自分が提案したことがクライアントの抱える課題にしっ...

    残り185文字(全文219文字)

    会員登録して毎月30件の経験談を読む